3dプリンターを導入するなら料金を比較するのが鉄則

レーザーは海外が高品質

3Dプリンター

レーザーなら海外が頼れる

3dプリンターには、樹脂を積層して造形するタイプとレーザーで造形するタイプがありますが、国内メーカーのものの多くは積層して形作るタイプで造形するのに1時間から3時間と非常に長時間プリント時間が必要です。それに比べてレーザーで造形する海外メーカーの3dプリンターは造形時間が大幅に短縮でき、早ければ1時間もかからずに複雑な形状をデザインできます。レーザー刻印タイプの3dプリンターの方がより複雑で精密な形状をデザインでき、スピードも早いというメリットがあるため、業務の目的や分類によっては海外メーカーの端末のほうが使いやすいです。しかし、海外メーカーの3dプリンターは、サポート対応や樹脂の用意が難しく、こまめに注文するか、一度にまとめて大量に素材を用意しないといけないため、時間的なロスが生まれやすいです。製品が届いた時に破損していればさらに時間がかかってしまうため、管理と運用が難しいですが、英語ができて、海外からの発送にストレスを感じないで取引できる事務所であれば海外メーカーの3dプリンターを利用しても問題はないです。レーザータイプの3dプリンターは、装置が大型になりやすいため、置く場所をしっかり確保する必要があり、ある程度修理やメンテナンスの知識がある人材も必要になります。必要に応じて国内の素材でも造形ができるように調整もすれば、より利便性が向上して、スピーディーに高品質な製品を作れるようになります。