3dプリンターを導入するなら料金を比較するのが鉄則

婦人

導入時の流れを把握

ビジネスフォンを導入することで、顧客対応に必須となる機能や便利さを初期費用なしに利用することができます。ビジネスフォン導入の際には機器選択から工事までを一括して任せることができるリース会社を選ぶと便利です。

3Dプリンター

レーザーは海外が高品質

レーザーで造形するタイプの3dプリンターを選ぶ場合は、海外メーカーの製品のほうが高品質で長く使い続けられます。サポート対応が英語なので、英語に堪能で、プリンターの修理やメンテナンスができる人材がいれば、より効率的に海外メーカーの3dプリンターを活用できます。

印刷品質で選ぶとよい

3Dプロッタ

精度と積層能力で選ぶ

3dプリンターを選ぶ時には一番最初に気になってしまうのは価格ですが、100万円未満の3dプリンターにおいてはどれを比較してもそこまで価格による差はありません。印刷品質が多少異なる程度で、複雑かつ印刷が難しいパーツを印刷したいような業務レベルの品質を求めないのであれば10万円から30万円程度の3dプリンターで十分です。そこで比較すべきなのは印刷品質で、より小さなピッチで積層できるという能力で比較して3dプリンターを選ぶ必要があります。0.1mm単位で積層するのが一番ですが、積層が小さくなるほど印刷時間は長くなります。3Dモデルの作り方と樹脂の効果能力によっては樹脂も相当無駄になってしまうので、中抜きの安定する構造を印刷したり、積層ピッチを0.2mmにしたりする工夫が必要になります。積層能力がおもに精度と言えますが、この積層においては3dプリンターによって差はあまり出ないので、モデルデータの作り方で工夫すれば安い3dプリンターでも十分対応できます。この積層精度は購入前に比較して、少しでも小さなピッチで印刷できる端末を選ぶとどんな造形でも作りやすくなります。結局は3dプリンターの印刷能力は限られているので、3Dモデルの構造や安定する構造でデザインしていないと意味がありません。少しでもきれいに印刷するためにはこの積層ピッチ能力が高いプリンターを購入しましょう。一般的には0.1mmもあれば十分な精度で印刷できます。

パズル

複写機の要に秘訣あり

企業の事務業務が増加する中、近年注目を集めているのがキャノンの複写機です。キャノンの複写機ではその要であるトナーに進歩的な特徴やメリットが見られます。すなわち定着採用による高画質な印刷、定着安定化による素早い立ち上がり、ドラムの優れた耐久性が特徴やメリットとして挙げられます。